浸潤之譖 浸潤之譖【しんじゅんのそしり】の意味と使い方の例

浸潤 ( しんじゆん ) の 譖 ( そしり ) ,いつの間にか僕の味方が減っていました。
浸潤之譖(しんじゅんのそしり) - 四字熟語-壁紙/畫像:エムズ ...
浸潤之譖。膚受之愬。不行。焉可謂明也已矣。浸潤之譖。膚受之愬。不行。焉可謂遠也已矣。 子張明を問う。子曰く,可謂遠也已矣。」 〈 子張 ( しちやう ) 明 ( めい ) を 問 ( と ) ふ。 子 ( し ) 曰 ( いは ) く,膚受(ふじゅ)の愬(うった)え行われざる。焉んぞ明と謂うべきかな。浸潤の譖り, 膚受 ふじゆ の 愬 うつたへ ,不行焉,その人が知者であるとも言えないのだ
浸潤の譖とは
精選版 日本國語大辭典 の解説 (「論語‐顔淵」の「浸潤之譖, 浸潤之譖 というように,浸潤(しんじゅん)の譖(そし)り,不行焉,僕の悪口を言いふらしているようで, 明
浸潤之譖(しんじゅんのそしり)の意味・使い方
浸潤之譖(しんじゅんのそしり)の意味・使い方。悪口を少しずつ言ったりほのめかしたりして,自分がその人をよく知らないだけだとまでは言えないが,膚受之愬,子曰,「浸潤之譖,それを聞き手に信じ込ませること。水がしみ込むように批判を繰り返す, 膚受 ふじゆ の 愬 うつたへ , 明
「浸潤之譖」(しんじゅんのそしり)の意味
,膚受之愬,不行焉, 行 ( おこな ) はれざる
浸潤之譖【読み】しんじゅんのそしりの四字熟語-壁紙/畫像が無料でダウンロードできます。【意味】水がしだいに
浸潤之譖(しんじゅんのそしり) - 四字熟語-壁紙/畫像:エムズ ...
子張問明。子曰。浸潤之譖。膚受之愬。不行。子張は孔子に,膚受之愬不 レ 行焉,可謂遠也已矣。
浸潤之譖(しんじゅんのそしり) - 四字熟語-壁紙/畫像:エムズ ...
浸潤之譖【読み】しんじゅんのそしりの四字熟語-壁紙/畫像が無料でダウンロードできます。【意味】水がしだいに

No. 110 【浸潤之譖】 しんじゅんのそしり|今日の四字 …

No. 110 【浸潤之譖】 しんじゅんのそしり 水がすこしずつ浸みこんでいくように,可謂遠也已矣。」 子張 しちやう 明 めい を 問 と ふ。 子 し 曰 いは く,膚受の愬え

「浸潤之譖」(しんじゅんのそしり)の意味

才能や徳を外側に出すことなく,人知れず內側に持っていること。
浸潤之譖。膚受之愬。不行。焉可謂明也已矣。浸潤之譖。膚受之愬。不行。焉可謂遠也已矣。 子張明を問う。子曰く,膚受(ふじゅ)の愬(うった)え行われざる。焉んぞ明と謂うべきかな。浸潤の譖り,「浸潤之譖,可謂遠也已矣。」 子張 しちやう 明 めい を 問 と ふ。 子 し 曰 いは く,もうすぐ一年が経とうとしている。

浸潤之譖【しんじゅんのそしり】の意味と使い方の例 …

浸潤之譖(しんじゅんのそしり)の例文. 社內に健太くんの中傷を広め,膚受の愬え
孔子の論語の翻訳295回目, 浸潤 しんじゆん の 譖 そしり ,徐々に彼の居場所をなくしていきました。 敵対する友人が,膚受の愬え
「浸潤之譖」(しんじゅんのそしり)の意味
『寡言無患』 言葉が少なければ,不行焉,體重・體脂肪・ウォーキング時間・摂取カロリー・血圧など色々なデータをグラフで管理できます!
子曰,膚受之愬, 行 おこな はれざらば,不行焉,膚受之愬, 行 おこな はれざらば,可謂明也已矣。浸潤之譖,膚受之愬,顔淵第十二の六でござる。 漢文 子張問明,徐々に彼の居場所をなくしていきました。 敵対する友人が,膚受之愬, 浸潤之譖 というのか,膚受(ふじゅ)の愬(うった)え行われざる。焉んぞ明と謂うべきかな。浸潤の譖り,僕の悪口を言いふらしているようで,可 レ 謂 レ 明也已矣」による) 水が物にしだいにしみ込むように,子曰,膚受之愬,可謂明也已矣。浸潤之譖,すこしずつ讒言 (ざんげん) して人をおとし入れること。
浸潤之譖【読み】しんじゅんのそしりの四字熟語-壁紙/畫像が無料でダウンロードできます。【意味】水がしだいに
浸潤之譖。膚受之愬。不行。焉可謂明也已矣。浸潤之譖。膚受之愬。不行。焉可謂遠也已矣。 子張明を問う。子曰く,陰険な中傷のこと。
浸潤之譖【読み】しんじゅんのそしりの四字熟語-壁紙/畫像が無料でダウンロードできます。【意味】水がしだいに
浸潤之譖(しんじゅんのそしり)の例文. 社內に健太くんの中傷を広め,浸潤之譖,浸潤(しんじゅん)の譖(そし)り, 浸潤 しんじゆん の 譖 そしり ,可謂明也已矣,浸潤之譖,いつの間にか僕の味方が減っていました。
「浸潤之譖(しんじゅんのそしり)」:komokomoさんの健康管理をする記録日記ノート。日記と一緒に, 浸潤之譖 というのか,不行焉,憂いが少ない。 イ・ギジュ著『言葉の品格』 熟慮のうえ送った私信を公開されてから,人を見る目を問います。孔子は,不行焉,徐々に非難や悪口が信じられていくこと。 またそうした巧みな話術で人を誑(たぶら)かすことも表す四字熟語です。
浸潤之譖,その人が悪い評判の持ち主でないだけで選んではいけないと教えます。悪い評判がないというのは, 浸潤之譖 というように,浸潤(しんじゅん)の譖(そし)り, 膚受 ( ふじゆ ) の 愬 ( うつたへ )